« 監査等委員会設置会社の話(5) | トップページ | データ移転に関するEU・米国間のセーフハーバー協定無効判決 »

2015年10月12日 (月)

セミナー:民法・特許法等の法文から考える契約書審査・作成講座《基礎編》

あたらしい契約法のセミナーを行います。


特許発明実施権許諾契約と共同研究開発契約を題材にし、民法や特許法などの法文が契約条項の作成・解釈にどのような基礎を提供しているのかという観点を踏まえて、契約書の審査・作成のポイントを解説します。


 
民法(債権法)を体系的に学習したことのない、又は契約条項にどのように法文が影響するのかの理解を深めたいという、実務で契約書(特に上記契約類型)を審査する立場にある、知的財産部、法務部、総務部の担当者等を対象とした基礎的講座です。


 
これまでの契約法講座と一部の内容が重複していますのであらかじめご了承ください。


 
日時: 平成27年12月3日(木)午後2時00分~午後5時00分

会場: 金融財務研究会本社 グリンヒルビル セミナールーム

(東京都中央区日本橋茅場町1-10-8

http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/272265.html


 
以下は、項目です。

1 契約の基本構造-成立、効力発生、履行、消滅

1 総論

2 契約書の作成、検討、審査の基本

3 契約の成立

(1) 契約の成立

(2) 主張責任・立証責任

(3) 法的強制力が生じる合意と生じない合意

4 効力の発生

(1) 効力発生要件

(2) 効力発生障害事由

(3) 契約解釈の指針

5 契約の履行

(1) 債務の本旨に従った弁済

(2) 権利行使阻止事由

6 契約の終了と効力の消滅

7 ポイントとなる条項

(1) 瑕疵担保責任

(2) 損害賠償

2 特許発明実施権許諾契約と共同研究開発契約

1 知的財産権

(1) 概念の整理

(2) 権利保証の性質

(3) 秘密保持義務

2 実施権許諾契約

(1) 概要とポイント

(2) 実施権許諾契約の条項

3 共同研究開発契約

(1) 概要とポイント

(2) 共同研究開発契約の条項

4 一般条項


 
初めて実施するセミナーで、連休中もレジュメを作成中ですが、興味をもっていただける内容になりそうです。


 
ところで、この1015日にも同所で「企業法務担当者、弁護士等専門家等のための、 契約書作成・チェック・審査上級講座(Part2)」のセミナーを実施します。

どうぞご参加ください(経営調査研究会での私の契約法講座の受講者は延べ250名を超えました。多くの方にご参加いただきありがとうございました。)。

http://www.kinyu.co.jp/cgi/seminar/271933.html


 
弁護士 出澤 秀二

« 監査等委員会設置会社の話(5) | トップページ | データ移転に関するEU・米国間のセーフハーバー協定無効判決 »

法務」カテゴリの記事